腸活で叶える美白肌

 

 

腸活で叶える美白肌

 

皆さま、こんにちは。美容家の濱田文恵です。
夏が近づいてきて、気になるのが紫外線によるシミ悩み。シミを防いだり、目立たなくしたりするために美白化粧品で一生懸命スキンケアをしている方も多いでしょう。
でも、実はシミに悩まない美白肌を手に入れたいなら、スキンケアだけでなく腸内環境を整えることが大切。

今日は腸活で叶える美白肌についてお話したいと思います。

 

1. シミができるメカニズム

 

まずは、シミができるメカニズムについておさらいしましょう。

 

私たちの肌は紫外線に晒されると、肌の表皮に存在するメラノサイトで、自らの細胞を守ってくれる“メラニン色素”を作り始めます。

メラノサイトで作られたメラニン色素は、細胞内に入り、遺伝子情報が記憶された核を紫外線ダメージより守ってくれます。

 

メラニン色素と聞くと、悪者とされがちですが、本来は肌にとって頼もしい存在なんですよ。

 

では、なぜシミができるのか。

それは、過剰な紫外線を浴びることで作られる大量のメラニン色素にターンオーバーが間に合わなくなるからです。

 

ターンオーバーとは、肌を構成する表皮層の細胞の生まれ変わりのことで、一般的に約28日間かけて行われます。

このターンオーバーによって、本来メラニン色素が入り込んだ細胞は、細胞の成長と共に表皮の基底層から、有棘層、顆粒層、角質層まで押し上げられ、最後は肌のアカとなって体外に排出されていきます。

つまり、私たちの肌には紫外線を浴びてもシミを防ぐ働きがもともと備わっているわけです。

 

しかし、過剰な紫外線を浴びた肌は、細胞を守るために通常よりも多くのメラニン色素を作ります。

大量に作られたメラニン色素を排出するためには、通常よりもターンオーバーをさかんに行わなければいけません。

いくら化粧品で一生懸命にスキンケアをしていても、ターンオーバーが乱れていたら、メラニン色素の排出が間に合わず、メラニン色素が細胞外に漏れてしまいます。

細胞外に漏れたメラニン色素は積み重なり、最終的に私たちの目に「シミ」となって現れるわけです。これが、紫外線によるシミができるメカニズムです。

 

2. 腸内環境を整えるべき理由

 

 

 

前述したように本来メラニン色素は私たちの肌を守ってくれる頼もしい存在。

 

つまり、大事なのは作られてしまったメラニン色素を表皮内に蓄積させず、肌のターンオーバーによって体外に排出させること。

 

ターンオーバーが乱れさせる原因には、加齢の他に食生活が挙げられます。

 

例えば肉中心の食生活では、腸内環境を悪くする悪玉菌を増やしてしまいます。

腸内環境を悪くなれば、せっかく美白に良いとされるビタミンや食物繊維を多く含む食材を食べたとしても、効果的に吸収されづらくなります。

 

また肌のターンオーバーというのは、言い換えれば肌の新陳代謝のこと。

せっかく食べていても栄養としてきちんと吸収されなければ、メラニン色素を抱え込む健やかな細胞も作れず、さらにはメラニン色素を排出するためのターンオーバーを行う力も足りなくなってしまい、結果的にシミを招いてしまうわけです。美白肌を手に入れたいなら、まずは腸内環境を整えることから始めましょう!

 

腸活環境を整えるレシピはこちらから

 


美容家 濱田文恵

「延美長寿」をテーマに毎日のセルフ美容に西洋と東洋を組み合わせた独自の美養法を提唱。
今ある綺麗からこれから先まで続く綺麗を。予防を根底に美容寿命を伸ばすための記事執筆・監修、セミナー講演や勉強会等を主宰し、女性誌やメディアでも幅広く活躍中。(一社)日本セルフ美容協会代表理事、医薬品登録販売者、毛髪診断士、国際中医薬膳師

 

 

 

カテゴリ一覧